やらなければいけないことがあるのに眠い時の対処法

寝る sleep 仕事

どうしても、今やらなければならないのに睡魔が襲ってきてどうしようかと思った時あなたはどのように眠気を覚ましていますか。

やはり体が疲れている証拠なので、本来ならぐっすり寝たいところです。

終わらなければいけないことがあるときにはそんな場合ではないので、眠気を我慢をしながら進めるか。

または、眠気をうまく対処して目を覚ましてすっきりとした気持ちで取り組む。

生産性を考えると、眠気を覚まして作業に没頭した方がよいかと思いますが、どのようにして睡魔をとばすことがけできるか。
方法を考えてみましょう。

眠気を覚ますための方法【5選】

軽い運動をして、身体中に酸素を巡らす

眠気を感じる時は、体を軽く動かして脳に酸素を送りましょう。

軽くストレッチをしたり、少し出歩ける範囲で散歩をして息抜きをしましょう。体に新鮮な空気が巡り、リフレッシュすることができます。

気軽に出歩くことができない場合は、デスク周りでできる簡単なストレッチでも大丈夫です。

ほどよく体を動かして睡魔を飛ばしましょう。

カフェインを摂取して、眠気を覚ます

カフェインには覚醒作用があるので、30分前に飲んでおくと、ちょうど眠気が覚めた状態で作業に取り組むことができます。

以下にカフェインのWikipediaより抜粋しております。

カフェインの主な作用は、中枢神経を興奮させることによる覚醒作用および強心作用、脂肪酸増加作用による呼吸量と熱発生作用による皮下脂肪燃焼効果、脳細動脈収縮作用、利尿作用などである。体重減少作用を確認した研究がある。医薬品にも使われ、眠気、倦怠感に効果があるが、副作用として不眠、めまいなどの症状が現れることもある。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3

カフェインに皮下脂肪燃焼効果もあるので、是非とも眠気覚ましにブラックで飲みたいですね。

眠気覚しに飲みたいコーヒーですが、1日のカフェイン摂取量は多くとも3〜4杯程度にしておくと良いでしょう。

また、コーヒーなどは歯に色素沈着などの懸念もあるので、しっかりと歯磨きをしましょう。

ほかの人とコミュニーケーションを取る

眠気が増してしまうとどうにも頭の回転が悪くなってしまいますが、そんな時には脳を活性化させて眠気を覚しましょう。

いつもの通り、作業をしていると慣れてしまっているリラックスした状態で仕事をするのでなかなか緊張感がなくなってしまいます。

そこで、ほかの方々とコミュニーケーションをとって、脳を活性化させましょう。

特にオススメのなのは日頃話す人でなく、多部署の方や、普段あまり会話していない方です。

それは、いつもの違うシチュエーションによってほどよい緊張感が生まれ、眠気が自然と覚めていきます。

ほかの方々とコミュニーケーションをとって交流をしつつ、眠気も覚めれば一石二鳥ですね。

一番良いのは、自分に最適な睡眠時間を取ることですが、なかなか難しいこともあるかと思います。通勤時間に座れるようであれば少しの間は眠れるかもしれませんが、あまりそれをあてにして生活するのも大変ですね。

しばらく会話した後に仕事に戻ると脳が覚醒して集中しやすい状態になるかと思います。

眠気は、なかなか簡単に飛ばすことはできませんが、昨今推奨されている「パワーナップ(15〜30分程度の睡眠)」などの昼寝をするや、横になれない場合は、なかなか眠れない時でも目を閉じてしばらく休むだけでも、回復効果はありますので、色々ためしてみてください。