フリーランスはカフェで自由に仕事をする?  Do freelancers work freely in cafes?

デザイン
Woman hands holding a paper sheet with WiFi symbol in the middle of the street in a big city. Dreaming of better WiFi, or excellent signal coverage concept. Safe network.

フリーランスになると、どこでも仕事ができるようになります。家で仕事はできるのはもちろんのこと、コワーキングスペースなどの個人事業主にも嬉しい環境が整っています。

最近では、ノマドワーカーなどの言葉が生まれたり、働き方を選ばず仕事をすることは徐々に広がっていっています。

そんな言葉がで始める前より、行われていたのが、カフェでのノートPCを使った仕事があります。

営業の方が出先で次の打ち合わせ前の時間つぶしにカフェでおもむろにノートPCを開いてメールチェックをするなどは、昔からありますが、長時間の仕事をするとなるとまた環境を整える必要があります。

長時間の作業ができる環境

まず、長時間の作業をするとなると、混雑時は1時間半や2時間などの時間制限わしているカフェも増えています。

また、時間の制限がなくとも混雑時の長時間の利用はお店の方にも他のお客様にも迷惑になるので、避けた方が良いでしょう。

時間が選べるのであれば、平日の朝や、昼を過ぎた時間から夕方までの時間が空いているのでおすすめです。

ですが、場所やお店によっても混雑の時間帯が異なるので、実際に利用して自分にぴったりの時間帯を探してみましょう。

PC利用時の電源の確保

パソコンで作業をする女性

ノートPCなどを利用する際は、電源の確保が必須となります。

というのも最近のPCのスペックが上がってるとはいえ、3時間ほど作業を続けるとバッテリー残量が少なくなり、残量を気にしながらの作業か、場合によっては作業を切り上げないといけなくなります。

持ち運び式のノートPC等に使える充電バッテリーもありますが、3万円〜と高額、何より重量があり日頃から持ち運ぶには少し不便です。

そんな時に有効なのが、最近のカフェにも増えている電源付きの席で充電しながらの作業です。充電コードが必要となりますが、常に充電されるので、バッテリーを気にせず仕事を進められるのが利点です。

Wi-fi などのネット環境

Woman hands holding a paper sheet with WiFi symbol in the middle of the street in a big city. Dreaming of better WiFi, or excellent signal coverage concept. Safe network.

FREE Wi-fiを提供しているお店増えてきたので、昔ほど不便ではないのですが、事前登録が必要だったり、1時間、2時間などの時間制限もあります。

一回登録してしまえば次回から接続するだけなので、便利です。

日常的に外で作業する場合は自前のネット環境を用意しておくとよいでしょう。

スマホなどのデザリング機能を使えばノートPCにも使用できます。ネックとしてはスマホのバッテリーを多く消費してしまうのと、重いデータを利用する場合は、通信量が多く必要となるので、データ通信量の上限を高く設定する必要があります。

頻繁に出先で作業する場合は、モバイル通信機を別途用意すると場所を気にせずネット環境が整えることができます。価格帯も以前より低価格になっていますので、そちらも検討材料に入れてみても良いかと思います。

今回は、カフェでの仕事を取り上げましたが、ほかにもいろんな場所での仕事を取り上げたらと思っております。

良いノマドライフを!

フリーランスの求人サポートサービス「クラウドテック」
ココナラで仕事を探す!