チャレンジしたいことがあるのに踏ん切りがつかない時

challenge dream 生き方

なにか新しいことに、挑戦したいに尻込みしてしまう。

本当にやりたいこなとなのか、悩み出してしまうなんてことありませんか。

やることに勇気がいるのでやりたいのに踏ん切りがつかない。そもそもやれるかどうかもわからないなど。

悩んでいる時というのは人生の分岐点の1つのいえます。

そこでどうゆう判断をするかが今後のあなたの未来に影響することもあるでしょう。とうすればよいか考えてみましょう。

なぜ迷ってしまうのか

悩んでしまう原因は、その時の周りの環境によるのだと思いがちですが、実は、気持ちの問題も大きいかと思います。

自信満々で、ポジティブだったとしたら、普通はやろうと思わない状況でもチャレンジしてみようと判断する可能性が高いです。

逆に、自己評価が低かったりたり、何事も思い通りにいかないと思っている時には、チャレンジしようと思う可能性は低くなってしまうでしょう。

同じ状況であっても、感情によって認識大きく変わってしまうということです。

そんな時にはまず、気持ちをコントロールしていくことが大切です。

自分の気持ちを整理してみる

  • 自分はなぜそれをやってみたいのか
  • なにが躊躇させているのか
  • どんな状況ならやると判断するのか

状況を整理して、できるだけ客観的に考えてみると、それをやる意味を理解できるようになります。

Ifの未来を考えてみる

やはり、やってみたいと思った時に大切なのはどんな未来にしていきたいかを思い描くことです。

やった場合はどんな未来がまっているか。
逆にやらなかった場合どんなことを思うのか。

できるだけ楽しい未来を思い描く

自分にとってなりたい自分であったり、楽しい未来がまっているのだと思うからこそチャレンジしようと思うのでしょう。

ですのでできるだけ、夢いっぱいに素晴らしい未来を思い描きましょう。
とても楽しく高揚した気分なるようにするのがおすすめです。

チャレンジしなかった時にどうなるかも考える

今度はやらなかったときのあなたの未来を考えてみましょう。

チャレンジしなかったとき、今と同じ状態が続きふとした時に、「なぜあの時やってみなかったのか」と後悔する情景が浮かんだ時には、やるべきだと思います。

もし、チャレンジした時に、よい結果にならなかったとしても、1つの経験を得ることができ、やることによって「やればよかった」という後悔しつづけることもありません。

チャレンジするにはなにをすればよいかわからないときは

では実際にチャレンジしようと決めた時にどうすればよいのでしょうか。

大切なのは、なにができないかということではなく。
なにができるかということ。

できない理由は、考えればいくらでもあげることができます。

できない理由を考えて改善・対策していくのも手ですが、なにかチャレンジしなければならないことに取り組んでいく時には、できる手段を考えていくことがポイントです。

いっそ、できる前提で考えてもよいかもしれません。

できている未来があって、それに向かって辻褄を合わせていくように行動していきましょう。

成功へのルートへの自分で作る

たとえば、海外でデザイナーとして働くという未来を思い描いたときにどんな道筋ができるか。

  1. デザインの勉強をする
  2. デザイナーになる
  3. 英語を勉強する
  4. 英語を使って外国人とコミュニケーションをとる
  5. 留学をする
  6. 現地の会社に受かるまで応募する

この場合は、順番が前後してもよいですし、デザイナーとして働くのであれば日本の海外法人に就職するとか、フリーランスとして仕事をこなしていくなどのルートでもよいかと思います。

決まってるのは未来だけで手段は変わってもいいですし、期限をつけてもいいですね。

大事なのは、目標のためにに一歩一歩進んでいくということ。

そして、失敗を恐れないことです。失敗をしても自分の血となり肉となり糧となっていくだけです。なにも減りません。

増えるのは叶う未来への達成度です。

その達成するまでの道のりが時ににつらく、時に楽しく感じるものです。
過ぎ去ればすべて過去の話で、思い出として語ることもできます。

動くことで全ては始まる

目標を達成したときには、また新たなチャレンジすべきことが生まれているとでしよう。

「なんでやらなかったんだろう」という後悔することではななく、「どうすればできるのかな」とい前に進んでいく勇気を持ちつづけることです。

私もいずれ自分の生まれた地ロンドンにいずれ移住したいと考えております。考え始めたのは、このままでは過ごすのは嫌だという、逃げの考えからでしたが、今は後悔しないためにいろいろチャレンジしています。

みなさんも一緒に頑張っていきましょう。

フリーランスの求人サポートサービス「クラウドテック」