何もかもうまくいかず気分が落ち込んでしまった時の自信の取り戻し方

落ち込む stress 生き方

うまくいかない時というのは、気分が落ち込んでしまって小さなことや、普段なら気にならないことも気になってしまうものです。
どうして人は、気分によって考え方や捉え方が変わってしまうのでしょうか。

何かもかもうまくいかず落ち込んでしまう時

気分が落ち込んでいる時というのは、まさにズーンと体が重くなり、心が落ち着かなくなります。そんな時に、エネルギーを使うような行動を取ろうとすると、ますます体が疲れてしまって、心も休まりません。

落ち込んだ気持ちはずーっと続く?

落ち込む stress

気分とは、ある一定の感情の状態のことを指します。ずっと続くというとはではないのです。
時間が経てば、状況も変わり、気分も変わります。
辛い時が過ぎ去れば必ず明るく楽しい時がくるということです。

それでもなるべく早く自分の心と体を明るくポジティブな状態にしたいのであれば、自分を休ませることです。今あると思っている問題や、これからの未来に起こると思っている課題を全て忘れてほっておきましょう。

すぐに解決できない問題を思い悩むこと

Silhouette of troubled person head. Concept image of anxiety and negative emotion. Waste paper and head silhouette.

今、悩んでも解決できないからこそ落ち込み気分が滅入っているのあれば、それは今の自分が解決しなければならないことではなく、時間が経てば自然と解決し、「そんなこともあったな…」と客観的にみることができます。

それは、自分が大変だ辛いと思っていた時、振り返って思い直してみると、「なぜ自分はそんなに悩んでいたのか?」と不思議に思うこともあります。

たまたまその状況に悪い循環に陥っていただけだったと気付きます。自分を追い詰めてしまっていたのは自分自身の考え方に縛られて他の選択肢が目に入らなかったのだとすれば、その状況から救い出すには、「そんなこともある。」とただ時の流れに身を任せて、自分ができることを1つ1つやっていくことが大切です。

自分がこの世に生を受けてから今の今まで、たくさん落ち込むことや、問題に悩まされても結局過ぎ去り、過去のこととしてただ記憶に残るだけです。
ただあるのは、今の自分です。

全て過去になる、あるのは今だけ

Young beauty woman happy relaxing smile with sunglasses, watch and white cloth blue jean trouser in summer sunset sky outdoor. People freedom style.

どうせ今の自分と過ごすことしかできないのであれば、嫌なことも楽しいことも全て過去の記憶となっていくだけなのだとしたら、どれだけ今の時間をより楽しく、より快適に過ごすかに意識を向けたほうが起きたことに対する過去に縛られ続けるよりもずっと幸せで楽しい人生になります。

自分の記憶の中に辛かったことや、傷つくようなことがあったとしたら、それだけあなたは乗り越えてきた証です。誇りに思うことはあれど、自分を責めたり、ダメな人間だと低くみる必要はありません。

相手の言動に振り回される必要はありません。全て時は流れていき過去のものになります。
あなたがすべきことは今の自分を幸せにするです。自分を幸せにすることに全力になリましょう。