人生を思いのままに操る方法

楽しそうな子供 Happy kids 生き方

生きていると、なんでこんな風になるのか、どうしてこうなったのかなと不思議に思うことはありませんか。

実際に、起きることは予想がつかないことばかりですが、現実に起こることは自分自身の思考が大きく影響を与えています。

知らず知らずのうちに自分の考えていることが、自分の現実に大きく影響を与えているというのは、驚くべきことですが、わかってしまえば自分の人生を思い通りに動かすことができるということです。

自分の人生を思い通りに動かすためには

夢を叶える Dream comes true

言葉にすることによって言霊の効果で、影響があることもありますが、深層心理でなにを思っているかということも大きく現実に作用します。

例えば、心の底から留学に行きたいと思っていれば、行くことができるでしょう。手段を選ばず必ず行く方法を探し出すまで動き続ければできる方法必ず見つけることができます。

その時に、本当は行くのが怖いとか、行くと大変だ、ということを考えていると、せっかくそのチャンスが生まれても何だかんだ理由をつけて避けることができてしまいます。

大事なのは、本当に私はそれを望んでいるのかということです。

望んでいることを明確にする

難しいのが、世間体なり現実的に可能かどうかなと、自分の思いとは別の要因に振り回されてしまうということです。

自分が本当にやりたくてやっているのか、それとも周りの空気を読んで行動しているだけなのか。これはあまりにも空気を読むことを気にしている場合は、「自分の考え=他人の望むこと」になっている可能性があります。

空気を読むことにいっぱいいっぱいになって自分の意思を疎かにしていないか

空気を読むというのは、一見生きる上で重要なことのように思われていますが、実際は相手に嫌われないために取っている行動です。

一度、社会に出れば何百、何千という人と接して行くことになりますが、会った人と全ての人に好かれるというのははっきりいって到底無理な話です。自分も含めて、自分が苦手な人も、好きな人にも必ず好き嫌いがあります。

自分が好きだからといっても100人聞いて100人が好きと答えるとは限らないのです。ゲームの分岐のようにわかりやすく好感度をあげるものではなく、一人一人の価値観によって世界は判断されています。

自分の価値観を大切にしよう

自分と全く同じ価値観の人がいないと同じです。近しい家族であれ、仲の良い友人であれ、全く同じ価値観の人はいないでしょう。もし全く同じ考えであれば、気持ち悪く感じるかもしれませんし、一緒にいる意味を感じないかもしれません。違うからこそ、楽しさや面白さがあるのです。

自分の意見をしっかり伝える

世の中を自分の思い通りにするためには必要なのは、空気を読むことでなく、自分の考えをしっかり持って主張することです。心の中でいくら「こうしたい…!」と思っていも、口にしたり、行動しなければ世界を変えることはできません。

もし、「こんな人生にしたい」というビジョンがあるのなら、実際に声に出して人に伝えましょう。毎回思う通りにはいかないかもしれませんが、徐々に自分の思う通りに世の中は周り出します。

自分の望む行動をする

自分の意見をしっかりと伝えるようになったら、今度は自分の望む行動をするようになりましょう。相手が喜ぶという理由で行動をしていると、いつのまにか自分の意思がなくなっていきます。自分がやって嬉しいという行動を積み重ねていくこと、自然とストレスが減っていきます。

ある夢・計画に一歩踏み出した人は、巻き込んだ人の数だけ勢いをつけることができます。もちろん全員が全員その計画を肯定してくれるとは限りません。ですが、それは価値観・生き方の違いがあれば当然のことです。

否定する人が現れるのは、それだけあなたが他に与えている影響が増したということ、否定の意見1つ1つをしっかり聞いていたら何も行動できません。

あなたを阻む一番の壁はあなた自身の意思の弱さです。否定の意見を過度に気にするのではなく、それだけ自分の影響力があると認識し、仲間を増やしていき夢を叶えるための土台を作っていきましょう。